無垢材

無垢材ダイニングテーブルの手入れは難しい?オイルは塗る?

Last Updated on 2021年9月26日 by なっしゅ

無垢材のダイニングテーブルに憧れる方は多いと思いますが、

なんとなくお手入れが大変そうだと思っていませんか?

実は私もそう思っていた一人です。

しかし、実際どんなお手入れをするのかを知れば、「意外に簡単だな〜!」と思うかも知れません(その逆も然りです)。

今回の記事では、無垢材のダイニングテーブルの種類とそれぞれの手入れ方法を紹介していきます。読み終わった後には、無垢材のダイニングテーブルへのハードルがちょっと下がるかもしれません!

無垢材ダイニングテーブルの主な塗装はオイル塗装とウレタン塗装

無垢材のダイニングテーブルと一言でいっても、

塗装の仕方が違いますので、

まずはここを押さえていきましょう。

オイル塗装

オイル塗装は、植物性オイルを主な原料とした塗料で、木の内側に染み込ませることで仕上げます。

ウレタン塗装

ウレタン樹脂を吹き付けて表面をコーティングする塗装の方法です。

ウレタン樹脂とは何?と思われるかもしれませんが、ウレタン樹脂はプラスチックのようなものとイメージすると想像しやすいかもしれません。

無垢材ダイニングテーブル
オイル塗装とウレタン塗装それぞれのメリット・デメリット

オイル塗装

メリット

・表面を膜で覆っていないので手触りが木のそのままであり、見た目もナチュラル

・時間と共に風合いが変化し、味が出てくる

・何年経っても塗装がはげることはない(塗膜を作っていないため)

・害のある化学物質を含んでいない

デメリット:

・定期的な手入れが必要

・表面をコーティングしていないので、乾燥などにより、木と木のつなぎ目などから割れが発生したり、天板が反ったりする場合がある

ウレタン塗装

メリット:

・一般的には汚れに強い

・日頃の取り扱いやメンテナンスが簡単

・割れや反りが発生しにくい

デメリット:

・表面がツルツル、テカテカしているので、木の本来の自然な風合いを求める方には向かない

・化学物質を含んでいる

・劣化により表面の樹脂がはがれてくる

無垢材ダイニングテーブルの手入れ方法

オイル塗装

日頃使っていく中での手入れは、固く絞った台拭きで、拭きましょう。

また、6ケ月~1年に一回程度、オイルを塗る手入れが必要です。

この行程を把握すれば怖いものなしですね!

1、まず、固く絞った布で水拭きをします

2、オイルを布につけてダイニングテーブル全体に塗っていきます。ゆっくりと木目に沿って塗りましょう。

3.オイルを塗った後はすぐ拭き取ります。その際は、新しい布(オイルを塗り広げたものではない布)を使ってくださいね。

4.乾燥させます。オイルを塗って1週間以内の使う場合は敷物をすることをおすすめします。

上記オイルメンテナンスをする前に、傷や汚れのある部分を
サンドペーパーで、木目に沿って研磨します。

ウレタン塗装

ウレタン塗装は、木の表面を樹脂でコーティング

していますので、軽い汚れや飲みこぼし等はサッと

その場で拭き取れば大丈夫です。

少し拭いても落ちない程度の汚れがついた場合は、
中性洗剤を薄めたもので拭いてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

無垢材のダイニングテーブルでも、塗装の仕方で、それぞれにメリットとデメリットがあり、手入れ方法も違うことがわかりましたね。

無垢材のオイルを使った手入れも、流れを知れば「意外に自分でもできそう!」と思ったのではないでしょうか?

あなたのライフスタイルや好みに合わせて、オイル塗装かウレタン塗装かを選んでみてくださいね。

  • この記事を書いた人

なっしゅ

看護師▶︎在宅フリーランス(事務サポート)▶︎東京のベンチャー企業の事務局業務を福岡からリモートで担当中▶︎ 福岡県で子ども2人、主人と暮らしてます ●黙々と引きこもっての作業も、人と社交的に触れ合うこともどっちも好きです

-無垢材